2018年12月15日土曜日

VMware HCI アセスメント(Live Optics)のすすめ

VMware HCI アセスメント(HCI Assessment) ってご存知でしょうか?

今年の5月にVmware公式ブログで紹介され、従来のアセスメントツールに代わる新しいツールとして利用が始まっていますが、もっと利用されていても良さそうなので今回ご紹介します。

Announcing the new VMware HCI Assessment(Vmware公式ブログ)
https://blogs.vmware.com/virtualblocks/2018/05/01/vmware-hci-assessment/

ちなみに、Vmware ハンズオンラボ(HOL)でもHCIアセスメントに触れることが出来ます。
HOL-1908-01-HCI - vSAN v6.7 - Getting Started
https://labs.hol.vmware.com/HOL/

HOL-1908-01-HCI - vSAN v6.7 - Getting Started のドキュメント
http://docs.hol.vmware.com/HOL-2019/localization/manuals/ja/hol-1908-01-hci_html_ja/

※本投稿は vExperts Advent Calendar 2018 の 12/15 参加分のナレッジとなります。

※ 2019/7 更新 : オフライン アセスメントモードの際の最長データ収集時間が従来の 24時間から 7日間に拡大されました。

HCI アセスメントとは?

従来、Vmware関連のアセスメントツールというと、"Vmware Capacity Planner" や "VOA (vSphere Optimization Assessment)" が良く利用されていました。

"Vmware Capacity Planner" は 分析対象がWindows/Linux/Unixなど物理サーバが主で、それぞれの分析対象にエージェントレス(WMI/SSH 等利用)でアクセスし、1週間から1か月ほどデータを集めてパフォーマンス分析する使い方でした。

"VOA"は分析対象が既存のvSphere基盤となり、vRealize Operations Manager 仮想アプライアンスを利用して既存vCenterから情報収集し、パフォーマンス分析・課題分析をするツールです。

どちらも今まで私も利用してきたツールですが、難点は一定期間パフォーマンス収集のためにPCなどでツールを動かす必要があり、
また、PowerPointやExcelなどのレポート生成は自分自身で時間をかけて作る必要がありました。

HCI アセスメントとは、公式ブログの方に詳しく書いてありますが、Dell EMCが開発・提供している "Live Optics" の一機能であるサーバ―基盤のアセスメント機能を利用しているツールです。
その特徴は以下のような利点があります(個人的な意見も含んでいます)
  • exe形式の実行ファイルを動かすだけで特別なアプリ・エージェントのインストールは不要(Windows以外にもLinux環境での実行も対応)
  • アセスメント対象にはエージェントレスでAPI/WMI/SSHなどでアクあせセス、情報収集
  • データ収集は最短10分、インターネット非接続環境でもデータを収集し、あとで生成されたファイルをLive Opticsサイトにアップロードすれば瞬時にレポートが生成(PPTX・Excel・PDF)。
  • exe実行端末がインターネット接続環境であれば 最新の LiveOptics であればインターネットに非接続環境であっても最長1週間の連続データ収集が可能でピークタイムなどをより詳細に分析可能(2019/7 Update)
  • 物理サーバ・クライアント(Windows/Linux)も、仮想化環境(vSphere/Hyper-v)もまるっとデータ収集、レポート可能。
その他にも非常に使い勝手の良いアセスメントツールだと思いますが、
実はHCIアセスメント自体はLive Opticsの一機能である「Optical Prime」という、どこかで聞いたことのあるコンボイっぽい名前のツールのみの実行であり、
DellEMCのパートナーはそれ以外の機能、ストレージアセスメント、ファイルサーバアセスメント、バックアップシステムアセスメントなどかなり強力なツールとなっています。

前置きが長くなりましたが、実際のアセスメントツールの使用感などをご紹介します。

HCI アセスメント(Live Optics)の利用準備

HCI アセスメント(Live Optics)を初めて実施する方はまずは、
https://app.liveoptics.com/register/vmware
にアクセスして、初回の登録を行ってください。


数営業日でアカウントがアクティベーションされます。
アカウントがアクティベーションされると次のようなポータルにログインできるようになります。
https://app.liveoptics.com/account/login


 ログイン後のポータル、日本語も対応済みです。

HCIアセスメントの実施(コレクターツールの利用)

コレクターツールは自身のアカウントでダウンロードするか、またはこれからアセスメントを実施していただくお客様に直接ダウンロードしていただく事で入手可能です。
※ツールは定期的に更新されているので、アセスメントを実施する際に必ず最新のものをダウンロードします。

また、ダウンロードしたコレクターツールはそれ自身がダウンロード元のアカウントと関連付いており、収集したデータはアカウントのダッシュボードにアップロードされます。
その為、他人がダウンロードしたコレクターツールを流用すると自分以外のダッシュボードにデータがアップロードされてしまうので注意が必要です。


お客様にダウンロードしていただく場合は「キャプチャ要求」にお客様のメールアドレスを入力します。


コレクターツールはZIP形式の LiveOptics.zip ファイルとしてダウンロードされます。
解凍すると次のようなファイルが含まれています。
※Windows環境では.NET4.5が必要です。


LiveOpticsDotNet4_5.exe を起動するとコレクターが立ち上がります。
※インストール不要の実行ファイルです。

Vmware HCI アセスメントとしてアカウントアクティベーションすると以下の様なVmwareロゴのツールが起動します。



DellEMCパートナーなど、アカウントをすでにDellEMC側でアクティベーションしているとロゴはDellEMCになります。

また、このロゴはDellEMCパートナーの場合は各企業のロゴなど任意の画像に付け替えが出来ます。(NetOneはアセスメントのお手伝いしてますよ!をアピール…)
※各企業毎にグループ管理者がいるはずで、その管理者アカウントで変更が出来ます。


Vmware HCI アセスメントの場合は「サーバと仮想化(Optical Prime)」を実行します。

コレクターツールを実行する端末がインターネットに通信可能であれば、収集したデータがリアルタイムに転送され、ダッシュボード上でも直ぐに状況を確認する事が出来ます。
※インターネットに接続できる環境(オンライン)、及びインターネットに非接続の環境(オフライン)の双方で最長7日間のデータ収集が可能です。オフラインで実施する場合は最長24時間のデータ収集後、手動でデータをダッシュボードにアプロードします。
※ 2019/7 時点で、オフライン環境でのアセスメントも最長7日がサポートされました。
※ また、2019/5 時点で、オンライン・オフラインの2つのモード以外に、インベントリ情報だけを収集し、即時にExcelシートを作成する Inventory Only モードが増えました。


アセスメント対象のサーバ(vCenterやESXi、WindowsサーバやLinuxサーバ)を追加します。
手動入力、AD連携、CSVファイルからのインポートなどが可能です。

データ収集はエージェントレスで実施されます。

vCenterに接続する場合は、アセスメント対象のクラスタ、データセンターを選択可能です。


継続時間を設定し「キャプチャの開始」をクリックするとデータ収集が始まります。


インターネットにアップロードする設定にした場合はダッシュボード側でもその状況が確認できるので、例えば端末がWindows Updateで再起動してしまってデータ収集が中断してしまった場合などのトラブルにもすぐに気付くことが出来ます。


データ収集が完了すると、ダッシュボード上でも直ぐにレポートを確認できるようになります。

HCI アセスメントの結果確認

ダッシュボードにアップロードされた「プロジェクト」を開きます。

「環境ビュー」では、全体のサマリが確認できます。
それぞれのリソースでピーク時、平均のデータ状況が確認できるので、この画面だけでもかなり有用な情報が得られます。

「パフォーマンスビュー」はより詳細に、各ホスト、各データストアなど個別のレポートも確認出来ます。
また、インベントリ情報などはCSVデータでエクスポートも可能です。


IOPSやスループット、遅延やCPU利用状況もグラフで簡単に、クラスタ、ホスト、データストアごとに確認ができます。

データストアの使われ方もR/W比含め詳細に確認できます。

アセスメントレポートのパワーポイント化・PDF化

 ダッシュボードで確認したレポートはパワーポイントやPDFに出力が可能です。

レポートに含める項目にチェックを入れてレポート生成ボタンを押すだけで、1分ほどでダウンロード可能です。

ダウンロードしたファイルも日本語化されているので、すぐにお客様に共有できますし、テキスト編集も可能なので独自のレポートに貼り付ける事も出来ます。



アセスメント結果をvSAN ReadyNode Sizerと連携

2018年12月時点ではまだPreview版扱いですが、vSAN Ready Nodeのサイジングツール(vSAN Ready Node Sizer)に連携する機能があり、これが中々便利です。

プロジェクトの右上の「エクスポート」>「vSAN Ready Node Sizer」をクリックすると、アセスメントで収集したデータが自動的に連携され必要事項が入力されます。

vSAN Ready Node Sizer
https://vsansizer.vmware.com/

一つ一つデータを入れるとちょっと面倒ですが、LiveOpticsからインベントリ情報、ワークロード情報がインポートされるのでより適切なサイジングが可能となります。



まとめ

以上がVmware HCI アセスメント(Live Optics)の紹介となりますが、従来のアセスメントツールと異なり、データの収集もレポートの作成も非常に簡易に行えるのが大きなメリットだと思います。
また、導入前のサイジングのためのアセスメント以外にも、運用開始後の定期的なITインフラの健康診断にも活用ができる便利なツールですので、まだ利用したことが無い方はぜひ触ってみて下さい。

2018年12月9日日曜日

vSAN各バージョン毎の設定によるストレージ消費量について比べてみました

vSANを利用している時に、VMストレージポリシーの冗長設定やデプロイ時のThinかThickかの設定によって仮想マシンが消費するストレージ量が異なり、定期的に質問されるので、2018年末時点で現役の各vSANバージョンでの違いをまとめてみました。

特にバージョン毎でOVFテンプレートのデプロイ時の挙動に差があるのと、Flash Web Client と HTML5 vSphere Clientでの挙動の差が意図しない容量消費につながる場合がありそうなので一読いただけると幸いです。

※本投稿は vExperts Advent Calendar 2018 の 12/8 参加分のナレッジとなります。(日時間違えてて12/9投稿となってしまいました…)

※ また、DellEMC でトレーナーをしている Sakai さん が本投稿の続編となる詳細確認を記事にまとめましたので、そちらも併せて参照ください。
vSAN上の仮想マシンのディスク消費量の確認
https://lab8010.com/vsan-disk-usage-check/


今回確認したバージョンは以下の3バージョン。
  • vSphere 6.0u3 (vSAN 6.2)
  • vSphere 6.5u2 (vSAN 6.6.1)
  • vSphere 6.7u1 (vSAN 6.7u1)

それぞれで、VMストレージポリシーでFTT0(冗長無し)、FTT1(RAID1)※vSAN Default Storage Policy、FTT1+100%予約(RAID1)の違い、
vDiskの形式をThinpro、Thick LazyZeroed、Thick EagerZeroedによる違い、
OVFをデプロイする時のvDiskの形式設定の違いとFlash Web Client と HTML5 vSphere Clientでの違いなど、いろいろ比べてみました。

各ストレージポリシーの設定

各ストレージポリシーは以下のように設定しています。

  • FTT0(冗長無し)


  • FTT1(RAID1)※vSAN Default Storage Policy


  • FTT1+100%予約(RAID1)


vSphere 6.0u3 (vSAN 6.2) の場合

VMストレージポリシーの違いによるストレージ消費(vDiskはThinpro形式)

今回はHCIBenchの仮想マシンをデプロイして確認しました。

  • FTT0(冗長無し)
    vDiskはThinpro形式なので初期の容量消費はほとんどありません。


vSANデータストアのファイルビューで容量を確認すると以下の様になります。

  • FTT1(RAID1)
    FTT1になり、FTT0の時と比べ倍の容量消費がありますが、Thinproなのでまだ容量はほとんど消費されていません。


ファイルビューでもFTT0の時の倍の容量が確保されています。
仮想マシンとしての実際の容量に対してストレージポリシーで定義した冗長分もカウントされて表示してくれます。



  • FTT1+100%予約(RAID1)
    FTT1のポリシーに「オブジェクトスペースの予約 = 100%」を設定すると、vDiskの容量すべてが確保され、容量消費がまるっと割り当てられます。


FTT1+100%予約 の場合はファイルビューで確認してもvDiskのサイズ100%がRAID1で2倍確保されています。
今回はハードディスク2が200GBで割り当てていますので、RAID1+予約100%分で400B近くがあらかじめ確保されています。
見た目はThick形式のようです。


vDiskの形式(Thinpro/Thick Lazy/Thick Eager)による違い

vSANデータストアを利用する場合、Flash Web Client、および vCenter 6.5以降のHTML5 vSphere ClientではThick形式の仮想ディスクは作成できません(メニューで選べない)。
そのため、今回はPowerCLIでそれぞれの仮想マシンに新規vDiskを作成して確認しました。
※ここでは100GBのvDiskを、ThickLazyという仮想マシンにThick Lazy Zeroed、ThickEagerという仮想マシンにThick Eager Zeroedのものを追加しました。また、追加したvDiskの容量が反映されるのは仮想マシンをパワーオンしたタイミングです。

■Thick Lazy ZeroedのvDiskの作成方法
New-HardDisk -VM Thicklazy  -CapacityGB 100 -Datastore vsanDatastore -StorageFormat Thick -Controller "SCSI coroller 0" -Persistence IndependentPersistent

■Thick Eager ZeroedのvDiskの作成方法
New-HardDisk -VM ThickEager  -CapacityGB 100 -Datastore vsanDatastore -StorageFormat EagerZeroedThick -Controller "SCSI controller 0" -Persistence IndependentPersistent

■作成したvDiskの確認
それぞれの仮想マシンに想定するvDiskが付いたことを確認します。

PS C:\> Get-VM -Name Thi* | Get-HardDisk | Select Parent, Name, CapacityGB, storageformat | FT -AutoSize

Parent     Name        CapacityGB    StorageFormat
------     ----        ----------    -------------
ThickEager Hard disk 1        100 EagerZeroedThick
ThickLazy  Hard disk 1        100            Thick
ThinPro    Hard disk 1        100             Thin

  • Thinpro(FTT1)の場合
    起動状態で確認し、vSwapファイル分の4GBが消費されているのみです。
  • Thick Lazy(FTT1)の場合
    Thickディスクが割り当てられると、オブジェクトスペースの予約で100%を指定したのと同様に、vDiskのサイズが100%確保されます。
  • Thick Eager(FTT1)の場合
    Thick Eagerの場合も容量消費はLazyと同様となります。

vSphere 6.5u2 (vSAN 6.6.1)の場合

VMストレージポリシーの違いによるストレージ消費(vDiskはThinpro形式)


  • FTT0(冗長無し)
  • FTT1(RAID1)
  • FTT1+100%予約(RAID1)

VMストレージポリシーの違いによる容量消費はvSAN 6.2と同様の挙動でしたので、ここでは割愛します。

(注意)HTML5 vSphere Clientで新規の仮想マシンの作成、OVFテンプレートのデプロイ、および仮想ディスクの追加の操作をする場合、対象データストアがvSANの場合は必ずVMストレージポリシーで指定するようにメニューが固定化されます。

Flash Web Clientでは以下の様にOVFテンプレートのデプロイ時などにはvDisk形式を指定できました。

vDiskの形式(Thinpro/Thick Lazy/Thick Eager)による違い

vDiskの形式の違いによる容量消費に違いはなかったのですが、OVFテンプレートのデプロイ時にFlash Web ClientでThinpro/Thick Lazy/Thick Eagerをそれぞれ指定してデプロイする場合は正しく想定したvDisk 形式でデプロイされますが、
vSphere 6.5u2までのHTML5 vSphere ClientでOVFテンプレートをデプロイした場合に、「仮想マシンストレージポリシーでの定義の通り」に指定されていても、Thick Lazyでデプロイされてしまう不具合があるようです。
※全てのOVFがそうではないかもしれませんが、私が確認したOVF(HCIBenchやvMAなど)ではこのような不具合が確認できました。




このように本来はThinproでデプロイされるはずの設定を選んだ場合でも、デプロイ後はなぜか以下の様にThick Lazyになっていて、容量消費が想定以上になってしまいます。

vSphere 6.5u2時点でのHTML5 vSphere Clientは未完成の部分も多いので、
この様な既知の問題もあるので、vSphere 6.5u2までの環境ではOVFテンプレートのデプロイにはFlash Web Clientを利用したほうが良さそうです。

vSphere 6.7u1 (vSAN 6.7u1)の場合

VMストレージポリシーの違いによるストレージ消費(vDiskはThinpro形式)


  • FTT0(冗長無し)
  • FTT1(RAID1)
  • FTT1+100%予約(RAID1)

VMストレージポリシーの違いによる容量消費はvSAN 6.2、vSAN 6.6と同様の挙動でしたので、ここでは割愛します。

vDiskの形式(Thinpro/Thick Lazy/Thick Eager)による違い

vSphere 6.5u2 のFlash Web Clientでの問題だったデプロイしたOVFテンプレートのフォーマットがThick Lazyになってしまう問題が改善されていました。

HTML5 vSphere Clientでの設定時には以前と同様に、vDisk形式は選択できず、VMストレージポリシーに準拠した形となります。
※vSANの場合はThinproになります。

デプロイ後に起動すると無事にThinproとして容量消費されている事が確認できました。

ちなみに、vSphere 6.7u1でもFlash Web Client(FLEX)を選んだ場合は、OVFテンプレートのデプロイ時にThick Lazy / Thick Eagerを選択し、その場合は意図した形式でのデプロイが可能です。


PS C:\> Get-VM -Name 6.7* | Get-HardDisk | Select Parent, Name, CapacityGB, storageformat | FT -AutoSize

Parent                Name        CapacityGB    StorageFormat
------                ----        ----------    -------------
6.7-FWC-OVFThickLazy  Hard disk 1         16            Thick
6.7-FWC-OVFThickLazy  Hard disk 2        200            Thick
6.7-H5C-OVFThinpro    Hard disk 1         16             Thin
6.7-H5C-OVFThinpro    Hard disk 2        200             Thin
6.7-FWC-OVFThickEager Hard disk 1         16 EagerZeroedThick
6.7-FWC-OVFThickEager Hard disk 2        200 EagerZeroedThick

まとめ

以上、今回確認した各バージョンでの仮想マシンの容量消費の違いについて、Vmwareの当初から想定していたVMストレージポリシーによる定義(FTTやオブジェクトスペース予約)は以前のバージョンから正しく認識できていたようですが、
OVFテンプレートのデプロイ時には、各バージョンのFlash Web Client、HTML5 vSphere Clientによって設定できる事の違いや、意図しない挙動がありました。

現在の最新であるvSphere 6.7u1のHTML5 vSphere Clientは一部を除きの設定に対応するなど、今後の主インターフェースとしてvSAN関連の操作、挙動も正しく動くようになっています(OVFデプロイ時のvDisk形式指定はFlash版のみの様でしたが)

半面、vSphere 6.5まではHTML5 vSphere Clientはあくまで準備中の位置付けでしたので、OVFテンプレートのデプロイ時のvDiskフォーマットがThickになってしまう問題などいくつかの課題もありました。

vSANを利用している時に意図しない容量消費が発生している様な場合は、今回のレポートを参考にしていただければ幸いです。