ad1

2022年12月2日金曜日

vSAN データストアの容量サイジングの考え方 (vSAN 6.7 / vSAN 7.0 / vSAN 8.0)

4年前の vExperts Advent Calendar で vSAN の各バージョンにおけるストレージ消費量を比べましたが、仮想マシンのデプロイ方法やストレージポリシーによってストレージがどの様に消費されるかは前回一通り確認しましたが、基本ルールは今のバージョンでも変わっていません。

今回は前回の続きのような感じで 過去に VMTN や Dell Community で vSAN のサイジングや容量監視に関連した質問と回答のポイントをまとめ、最新バージョンの vSAN における容量サイジングの考え方や推奨をご紹介します。

本記事は年末恒例の vExperts Advent Calendar 2022 の二日目を担当しております。

4年前の記事はこちら

本投稿の見出し

2022年11月22日火曜日

ESXi の Shell コンソールがシリアルポートにリダイレクトされてしまった時の対処

 PoC 検証支援で遭遇した事象の対処方法として覚え書き

最近のバージョンの VxRail の初期化で "Node Image Management Tool" (NIM Tool) を利用してノードの初期化を行うと ESXi の標準の Shell の出力が COM 指定になっている、とのこと。

この状態で ESXi の背面の VGA ポートにディスプレイを接続して DCUI から Alt + F1 で直接 Shell にログインしようとしたり、iDRAC などを利用してリモート KVM にアクセスしようとすると

"Redirecting console to the serial port..."
 

と表示され Shell にログインが出来ません。

別の場所で移設した検証機などを立ち上げたがネットワークの問題などで SSH にログインができない、そんな時に Local Shell にアクセスすることは多々ありますが、この状態ではそれが出来ません。

対処方法

この状態の VxRail は iDRAC で Serial Over LAN が有効になっているようなので、ipmitool などで iDRAC ネットワーク経由で Shell にアクセスが可能です。

ipmitool -H <iDRAC IP / BMC IP> -I lanplus -U <User> -P <Password> sol activate
 

通常のモニタ越しの ESXi Shell だと文字のコピーペーストは不可ですが、Serial Over LAN だと文字のコピペが出来るので案外便利です。

また、Shell の出力を標準ディスプレイに戻すには ESXi の Shell にログインして、

esxcfg-advcfg -s none /Misc/ShellPort
 

で元に戻せます。

※ キーストロークシーケンスでも変更できるので詳細は後述を参照。

現在の設定値のは -g オプションで確認できます。

esxcfg-advcfg -g /Misc/ShellPort
 

これらシリアルポートへの出力の変更は公式ドキュメント "ヘッドレス システムの操作" に詳細が説明されています。

ESXi の Shell や DCUI をシリアル側に出力する方法は、Raspberry Pi など VGA レスの端末に Arm 版 ESXi をインストールした場合などにも役だちます。 

詳細は各ドキュメントを参照して下さい。

# シリアル ポートの切り替え
[ログ モード]   esxcfg-advcfg -s com1 /Misc/LogPort
[シェル モード]  esxcfg-advcfg -s com1 /Misc/ShellPort
[DCUI モード]  esxcfg-advcfg -s com1 /Misc/ConsolePort
[GDB モード]  esxcfg-advcfg -s com1 /Misc/GDBPort

# デフォルトに戻すには -s none をセット
[ログ モード]   esxcfg-advcfg -s none /Misc/LogPort
[シェル モード]  esxcfg-advcfg -s none /Misc/ShellPort
[DCUI モード]  esxcfg-advcfg -s none /Misc/ConsolePort
[GDB モード]  esxcfg-advcfg -s none /Misc/GDBPort

# キーストローク シーケンスでもシリアル ポートの切り替えが可能
[ログ モード] Ctrl+G, Ctrl+B, 1
[シェル モード] Ctrl+G, Ctrl+B, 2
[DCUI モード] Ctrl+G, Ctrl+B, 3
[GDB モード] Ctrl+G, Ctrl+B, ?


2022年11月12日土曜日

VMware Explore Japan 2022 開催とセッションのご案内

※ イベントの宣伝です

直前ではありますが 11月15日の VMware Explore Japan 2022 の初日の会場ブレイクアウトセッションの最初と、翌日16日のオンラインのブレイクアウトセッションの最後で vSphere 8 What's New と vSAN 8 Deep Dive の話をします。

2022年11月28日追記 : 
イベントは無事に開催でき、多くの方に参加・視聴いただきましてありがとうございます。

VMware Explore 2022 Japan のサイトは引き続きオンデマンド視聴が可能な状態で 12月23日まで動画と資料 DL が公開されております。

まだ視聴されていない場合はぜひともご活用いただければと思います。

MC21148 − Day 1: 11月15日(火) 12:00 - 12:40

MC22132 − Day 2: 11月16日(水) 17:00 - 17:40

どちらも内容的には vSphere 8.0・vSAN 8.0 機能強化・アップデート情報 でご紹介したものを整理した形となりますが、それぞれイベント開催後にも動画公開と資料ダウンロードが可能になりますのでご活用いただければ幸いです。

また、15日は会場の展示エリア奥の「インフラストラクチャと管理」のブースにて説明もしていますのでセッション受講後のご不明点などにもその場でご説明可能ですので是非ともお越しください。



2022年10月6日木曜日

vSphere 8.0・vSAN 8.0 機能強化・アップデート情報

発表からだいぶ時間が経ってしまいましたが、8月末に開催された VMware Explore で最新の vSphere バージョンである vSphere 8.0、vSAN 8.0が発表、さらには従来の vRealize 製品群が VMware Aria とブランドが変更される事も発表されました。

※ 毎年晩夏に開催されていた VMware の年次イベント VMWorld が 今年から VMware Explore となりました。

覚え書きを兼ねて公式情報へのリンクと個人的に気になる部分を整理しておきます。

公式のアナウンスはこちら

vSAN 8 関連

Aria・VCF 関連

その他、公式 Blog や Tech Zone に多く記事が上がっているので上記リンクからたどってみて下さい。

今回も個人的に興味を持っている vSphere・vSAN の機能強化についてまとめました。

それぞれのページ内リンクはこちらから

2021年12月24日金曜日

Software Design 誌 2022年1月号 おうちクラウド 第3回 "仮想化基盤を作ってみよう" おまけコンテンツ

 今回はこのブログではなく、執筆を担当した Software Design 誌 2022年1月号 おうちクラウド 第3回 "仮想化基盤を作ってみよう"  の参照情報をまとめた Github 情報と、以前にコミュニティの LT に登壇した際のスライドへのリンクを共有となります。

この企画は Intel NUC などの小型ベアボーンを利用して VM だけではなく Kubernetes などコンテナ環境に対応した自宅ラボを構築するための Tips を連載で紹介するものですが、第3回では vSphere on NUC にフォーカスを当てて紹介しました。

ぜひ、皆様も "逸般の誤家庭" と呼ばれる HomeLab の沼に足を踏み入れてみてください。
きっと逃げられなくなります。





そして時期も丁度良かったので vExperts Advent Calendar 2021 の 12/24 担当分のネタを兼ねています。

Github 上にまとめたものは以前に VMware DevOps Meetup #10 の LT で紹介した以下の資料を再編した形となりますので以下も併せて参照頂ければ幸いです。 


年末年始の自宅らぼ活動の参考になれば幸いです。

2021年12月20日月曜日

ストレージ性能設計・検証のすすめ③ : 性能試験を実施する際の考慮点

 本投稿、この投稿は、vExperts Advent Calendar 2021 の 12/20 分を担当しています。

元々、一昨年辺りからまとめていた仮想化環境におけるストレージ性能設計、検証方法の考慮点の3つ目のコンテンツの予定だったのですが、ずっと放置していたものをようやく投稿しました。


私なりの vSphere 環境でのストレージ負荷試験時に考慮しているポイントをまとめていますが、ストレージ機器の性能検証をする時の参考にしていただく以外にも、一般的なアプリなどの性能検証時にも共通する部分があるかと思いますのでご一読いただければ幸いです。

ストレージ性能は何を見るべきか?

一般的なストレージ IO 性能を示す値として、IOPS (毎秒あたりの Read / Write の IO 数)、スループット (毎秒あたりの Read / Write のデータ流量)、遅延 ( IO 毎の Read / Write 完了までに要する時間)があげられます。

その性能を提供するために必要となるコントローラやドライブの選定し、組み合わせて検証を行いますが、IO そのものの性能以外にも IO 性能を出す際のストレージコントローラやドライブなどの利用率・負荷、サーバーのシステム利用率など実際の利用下での負荷状況の予測値がまずは見るべきポイントと考えています。


メーカーのストレージの性能情報や、各種 IT インフラの RFP・仕様書を見てみると「IOPS」の数字だけが独り歩きしている事が多々あります。

どんな条件下での IOPS なのか、その IOPS を出している時のシステムは余裕があるのか、限界ギリギリなのかで状況は大きく異なってきますのでそれ以外の指標をしっかりと把握する事が重要です。

私のストレージ性能を計測して、サイジング・設計に落とし込む順序は、

  1. Max 負荷の IOPS・スループットがどの程度か、様々な IO パターンで限界性能の測定
  2. Max 負荷を把握したらその値を上限に徐々に IO 負荷を上げていき、IO 遅延の変化とシステム負荷を計測
  3. 遅延とシステム負荷の傾向が把握出来たら、健全と判断できる数値内でのサイジング

この順序で各種パターン検証と考察を行い、実際に必要なサイジングに反映します。
※ アプリケーション開発などと絡む場合は高負荷な限界状態での稼働確認テストや、長時間負荷や温度などを変えた耐久テストなどもありますが、今回は対象から外しております。

IOPS だけを見て性能要件とすると多くのストレージ選定は失敗するのでご注意ください。


※ 今回ご紹介する検証の考え方は、メーカーが Max 性能を引き出す際のベンチマークの掛け方とは異なります。とにかく高い IO 性能を出すためのベンチマークツールの使い方やチューニング方法はそれぞれのベンチマークツールの使い方の公式ガイドなどに例があるのでそれらをご参照ください。

2021年9月29日水曜日

vSphere 7.0u3・vSAN 7.0u3 機能強化・アップデート情報

VMWorld 2021 が来週から始まりますが、それに合わせて vSphere の最新アップデートとなる vSphere 7.0 Update3 / vSAN 7.0 Update3 の情報がリリースされました。
※ ダウンロード可能になるのは VMWorld もあるので恐らく来週以降。

※ vSphere 7.0 Update3 に関しては重大な不具合が発覚し一旦差し戻しとなっております。Log4j 脆弱性に対する修正等が適用された、2022/1/27 にリリースされた vSphere 7.0u3c (vCenter 7.0u3c / ESXi 7.0u3c) 以降を必ずご利用ください。

公式のアナウンスはこちら

今回も個人的に興味を持っている機能強化についてご紹介したいと思います。

今回も長文となってしまったので、それぞれのページ内リンクはこちらから

その前に、

-- 宣伝 --

VMWorld 2021 が来週 10/5 から開催されますが、今年も VMWorld Japan も 11月25日 ~ 26日にオンラインで開催予定です。


私も 11/25 (木) 12:50-13:30 に
MC11110 : VMware Cloud Foundation, VMware vSAN HCI インフラ設計 Deep Dive  : 解説 マルチクラウド時代の VMware vSphere クラスタ鉄板構成
というセッションでお話しさせていただく予定です。
お時間よろしければぜひ皆様の今後の仮想化インフラの設計の参考にご視聴頂ければ幸いです。

-- 宣伝終わり--

詳細は最初にリンクを記した公式 Blogs や Core TechZone の Blogs 記事にありますのでそれら参照願います。また、VMWorld 2021 でも詳細解説のセッションがありますのでそれらもぜひご覧ください。

過去30日でアクセスの多い投稿