2017年7月8日土曜日

vSphereで iSCSI ストレージを利用する際の考慮点

DECNでのディスカッションで最近のvSphereとiSCSIデータストアの接続構成や、追加設定についてコメントしたのでこちらにも覚え書きとして記録しておきます。

https://community.emc.com/thread/239995

※今回はvSphereとDELL EMC UnityなどのiSCSIストレージをFCファブリックの様にインターフェースをVLANで分け、ポートバインディングを使わない10G iSCSI構成を前提にしています。

FC SANのファブリックを組むようなデザインで、各LUN毎に4path見えるのが性能と耐障害性で推奨と考えています。そのうえでALUA前提、できればMTU9000など組み合わせます。

上記構成時の確認するべきKBをまとめました。

■Unity/VNX: Best Practice for connecting hosts to iSCSI arrays
https://support.emc.com/kb/470899

■UNity/VNX/CLARiiON: Facts, limitations, and recommended settings when using iSCSI
https://support.emc.com/kb/463477

※要Support EMCアカウント。


また、ESXi側では以下のKBも参照・
■DELAYED ACKの無効化
特定のストレージ アレイを使用する ESX/ESXi ホストで読み取りまたは書き込みパフォーマンスの問題が生じる (2080851) | VMware KB
https://kb.vmware.com/kb/2080851

■ポートバインドの考慮(今回の構成は通常ポートバインドは不使用)
ESX/ESXi でソフトウェア iSCSI ポート バインディングを使用する際の考慮事項 (2080447) | VMware KB
https://kb.vmware.com/kb/2080447