2020年7月31日金曜日

vRealize Operations の標準ダッシュボードを削除してしまった際の復元方法

vRealize Operations Manager のダッシュボードを編集する際、ボーっとして操作すると「ダッシュボードの削除」を間違って押してしまいダッシュボードが vROps 無いから削除されてしまう事があります...
何で「ダッシュボードの削除」ボタンが上から2番目という押しやすい場所にあるのかは謎です...

ダッシュボードそのものを"削除"してしまった場合

ダッシュボードを開いた状態で「アクション」 > 「ダッシュボードの削除」を選ぶと、ダッシュボードそのものが消し去られます。
ダッシュボードタブから非表示にしたい場合は「メニューからダッシュボードを削除」を選択する必要がありますが、似た操作名でインパクトのあるものが上にあるので操作する際は気を付ける必要があります。


例えば上の画面で「vSAN 運用概要」のダッシュボードを削除します。
するとインストールされている Management Pack ("ドキュメント上だと 事前定義されたダッシュボード" や "ネイティブ管理パック" と呼ばれる)から「vSAN 運用概要」のダッシュボードが削除されてしまい、
もう一度「vSAN 運用概要」ダッシュボードを表示したくともメニューから消えてしまいます。

試しに 3 つほど vSAN 関連のダッシュボードを削除してみます。
「管理」タブの「リポジトリ」から「vSAN」パッケージのコンテンツを表示すると

本来 5 つあるはずのダッシュボードが 2つしか存在していません。

これを元に戻すには若干手間が必要です。

※ vSphere の管理パックであれば「デフォルトの内容の再設定」という操作が可能なのですが、その他のネイティブ管理パックではこの操作が実施できません。

vSphere の管理パックの復元方法は KB が用意されていますので参照ください。

ネイティブ管理パックから削除した事前定義されたダッシュボードの復元方法

バックアップなどが取得されていない場合、間違って削除してしまったダッシュボードの復元は恐らく

  • vROps をバージョンアップする際に「デフォルトの内容の再設定」にチェックを入れる
  • リポジトリから対象の管理パックだけを最新インストールし「デフォルトの内容の再設定」する
の 2 パターンがあるかと思います。

ただ、https://marketplace.vmware.com/ などからダウンロードした管理パックと違い、vSAN や NSX など vROps に予め組み込まれたネイティブ管理パックは個別では提供されていないので、入手するためには「vROps のアップデート用パッケージ」から取り出すなどの手段が必要です。

また、バージョンアップに関してもすでに最新に更新済みであったり、更新済み環境に改めてダッシュボードの復元のためだけにパッケージ全部を当てなおすのもどうかと思います。
今回はネイティブ管理パックを個別に入手して適用、ダッシュボードを復元する方法を記します(たぶん非公式手法です)。

ネイティブ管理パックの個別パッケージの入手方法

まずは My VMware から vROps のアップデート用パッケージを入手します。


ダウンロードしたパッケージは拡張子が「.pak」となっていますが、実際は ZIP 形式の圧縮ファイルなので拡張子を「.zip」に変更し、中身を確認します。

.pak ファイルを(今回は vROps 8.1.1 のものなので vRealize_Operations_Manager-VA-8.x-to-8.1.1.16522872.pak

.zip に拡張子の変更

ZIP に変更したファイルを開き、中に含まれる vROps の拡張子「.iso」のパッケージファイルをさらに開く(今回は vRealize-Operations-Manager-Appliance-8.1.1.16522874-cloud-components.iso

開くと拡張子「.pak」のファイルが沢山あると思います。
これら名前から推測できますが、ネイティブ管理パックのパッケージになります。

今回は vSAN のネイティブ管理パックを復元したいので「vmware-MPforVSAN-8.1-16522881.pak」を取得します。

ネイティブ管理パックの復元方法

「管理」タブから「ソリューション」>「リポジトリ」を選択し、「追加/アップグレード」をクリック

 先ほど取得した vSAN 用のネイティブ管理パックを指定し、「デフォルトの内容の再設定」にチェックを入れます。

デフォルトの内容の再設定について、一応警告をしっかり読んでください。
もし NG の場合は予め変更箇所のバックアップを取っておき、再設定後に復元します。

パッケージを適用します。


適用完了後、ネイティブ管理パックのコンテンツを確認します。

※ 今回、vROps 8.1.0 の環境に、vROps 8.1.1 用のパッケージを抜き出して適用したので vSAN のネイティブ管理パックのバージョンだけ新しくなっています。
本来はまるっと全体をバージョンアップするのが正当な手法です。ご注意ください。


復元したコンテンツを確認します。無事に 5 つのダッシュボードが表示されています。

以上、間違って削除してしまったネイティブ管理パックのダッシュボードの復元方法でした。
ご参考まで。



vRealize Operations の標準ダッシュボードで「ダッシュボード時間」の切り替えを有効にする方法

検証環境の vRealize Operations Manager の 7.x から 8.x にバージョンアップした際に気になった事でした、各ダッシュボードの右上にある「ダッシュボード時間」の切り替えがグレーアウトしている事象があります。
デモ用環境なのでコロナ禍で出番無くずっと放置していましたが、今回はその修正方法を覚え書きしておきます

vROps 7.x と 8.x でのダッシュボード時間の表示について

vROps 7.x の環境が手元になくなってしまったので過去の詳細を確認しきれていませんが、vROps 7.5 の時はで標準ダッシュボードに含まれる一般的な「運用概要」や「トラブルシューティング」などで使えていた以下の赤矢印の部分です。

※ vROps 7.5 の時の「vSAN 運用概要」ダッシュボードでは 1H~7D-カスタムが選択可能でダッシュボード時間で表示設定されたウィジェットは時間軸の表示変更が可能


これが vROps 8.0 または 8.1 になると以下の様に、今まで標準ダッシュボードで出来ていた時間変更がグレーアウトしてしまい
  • 「ダッシュボードレベルの時間コントロールを有効にするには、このダッシュボードのウィジェットを1つ以上 [ダッシュボード時間] に設定する必要があります」
  • 「 one or more widgets on this dashboard should be set to "dashboard time" to enable dashboard level time controls 」

などとメッセージが表示されます。

どうやら今まで標準ダッシュボードのウィジェットに設定されていた「ダッシュボード時間」の設定が vROps 8.x では固定となってしまっている様で、
今まで通りダッシュボード時間で表示を変更するためには各ウィジェットの設定を変更する必要がありそうです。

ウィジェットのダッシュボード時間設定の方法

今回は vROps 8.1 (Build 15972145) の画面で変更手順を紹介します。

初期状態は先ほどのダッシュボード時間の変更がグレーアウトしている状態です。

ダッシュボード時間を利用できるようにしたいウィジェットの「目玉」マーク(ツールバーの表示)ボタンをクリック。

 カレンダーアイコンをクリック

既定値では範囲が「過去 6 時間」などとなっています。

これを「ダッシュボード時間」に変更します。
※ ウィジェットの種類やバージョンによってこの設定方法に若干の違いがあります(以下の様なプルダウンリストの他、ラジオボタンでの選択など)

変更を反映するとダッシュボード右上のダッシュボード時間バーのグレーアウトが解除されます。
 例えばデフォルトの「6 時間」の場合と、

ダッシュボード時間を「24 時間」に変更してグラフを見比べると

この様にグラフの時間軸が変更される事が確認できます。

後は各ダッシュボードのグラフの時間設定を必要なだけ変更してあげます、が、沢山ダッシュボードがあると大変ですねコレ...

簡単ではありますが、vROps のバージョンアップ後に今までとグラフの時間表示、操作が異なって困ってしまったときはこの辺りを確認してみてください。

※ この方法ですが、vROps のアップデートパッケージ適用時に「デフォルトの内容の再設定」を有効にすると設定が戻ってしまう可能性がありますのでご注意ください。