2017年9月4日月曜日

vCSA on vSAN 構成でvDSのみでネットワークを組む際の注意事項

VxRail 管理系VMのバックアップ・リストア方法【バックアップ取得編】
VxRail 管理系VMのバックアップ・リストア方法【リストア・復旧編】

上記のDELL EMCのコミュニティのブログに細かいことは記載したのですが、
vSANをベースとしたHCIで、vCenterそのものがvSAN上にあり、かつネットワークがvDS(仮想分散スイッチ)のみで構成されている場合、
vCenterがダウンしていると、通常の設定では新しいVMがvDSのポートグループに接続できません。

こういった非常時の際に、vSAN Ready Node構成で、vCenterをvSAN上に展開する際は、vCenterそのもののバックアップとリストア運用を考慮して「短期バインド(Ephemeral Binding)」のvCSAリストア時用ポートグループを作成しておくことを推奨します。

短期バインドは新規ポートグループの作成時に選択可能です。



vDSの「短期バインド(Ephemeral Binding)」のポートバインディングについては、以下のKBを参照してください。
※短期バインドのポートグループはKBに記載ある通り、非常時のみの利用にとどめてください。

ESX/ESXi でのポート バインド タイプの選択 (2086886)
Choosing a port binding type in ESX/ESXi (1022312)

普段使わないポートグループですが、作っておくだけで障害発生時の復旧コストに大きな差が出ます。